09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< SHINE * TOP * 空蝉 >>
スポンサーサイト
2010.03.07 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
Marionette
2007.01.09 Tuesday 14:01
壊れていく君を

どうすることもできずただ見つめるしかできなくて


もう君は戻って来れないと

もう君を取り戻すことはできないと

わかっていながら動けない僕は

情けないほど臆病で 卑怯で


ねぇ

どうすれば君を守れたんだろう

どうすれば君の瞳に光を取り戻せたんだろう

もう君のうつろな瞳には

きっと僕は映らない


それでもまだ僕は君を手放せずにいるよ

もはやただの人形になった君にさえ

縋らずにはいられないんだ


こんな弱い僕を どうか哂ってくれ

嘲笑でもいい 冷笑でもいい

そんなものでも君に心が戻るなら

それで僕は救われる


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
アトガキ

楽しいときでも悲しいときでも、時間が止まることはなく。
ゆっくりであっても急速にであっても、状況は変わり続け。
事態が悪化に向かっていることを知りながら、かける言葉の一つも見つけられず。

私が言葉をかけていれば救えたかも知れないなんて、
そんなおこがましいことは思わないけれど。
それでも、何か少しくらい変わってはいなかっただろうかと、今も思う。

闇の中から救い出すことに較べれば、
そうなる前に言葉をかける方がずっと簡単だったはずなのに。
徐々に笑顔を、光を失っていく瞳に怖気づいて、
私は何もできなかった。

もうその心に、私はきっと映らない、届かない。
こんな私なんて、もう君には必要ない。
でも、せめて、君を閉じ込める闇をここから見続けさせて欲しいんだ。
自分が犯した過ちを、決して忘れないために。
Pieces * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.03.07 Sunday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック